スーパーチャレンジカップ2020子之章十二支王座空手道大会、組手と型で勝負だ!

scc2020main

毎年、新春開催の『SCC十二支王座』は九州各地より空手拳士が集結する全九州空手道大会!

2020年令和二年、来年の干支は子年!

『SCC2020子之章』スーパーチャレンジカップ十二支王座空手道大会!

大会開催日は2/2.SUN.に話題の施設、福岡市総合体育館の照葉積水ハウスアリーナで開催させていただきます。

そして、新たに組手だけでなく空手型を競技大会開催。

型競技は個人型、団体型を企画。

組手試合クラスは、例年の幼年からシニアまで空手歴を分けて、ルーキーズ(新人戦)、エキスパート(中級以上)のウェイト制での試合開催します。

昨年のSCC2019記念写真⇧

スーパーチャレンジカップ2020子之章十二支王座空手道大会【組手・型】概要

本大会は組手と型の大会開催

大会日時 (令和2年)2020年2月2日(日曜日)
開会式9:00
試合開始9:30~
大会会場 福岡市総合体育館(照葉積水ハウスアリーナ)
サブアリーナ
大会出場料 組手大会出場料¥5,000-
個人型大会出場料¥3,000-
団体型大会出場料¥6,000-(1チーム)

*現金書留など参加申込書郵送。

本大会は、チャレンジマッチ!クラスアップ挑戦可能!
出場選手次第でクラス統合あり得る。

組手クラス

ルーキーズ

⇒小中学生
空手歴1年未満
もしくは1年以上でも
空手道大会未勝利の選手
(不戦勝除く)
⇒女子、シニア
空手歴2年未満
もしくは2年以上でも
空手道大会未勝利の選手
(不戦勝除く)

エキスパート

⇒小中学生
空手歴不問
又は挑戦者

⇒女子、シニア
空手歴不問
又は挑戦者

注)全クラス、出場選手の集計後、
試合クラスを厳密に審査した結果、
クラス統合やクラス改正をさせて頂きます。
ご了承ください。

幼年の部(男女混合)

ルーキーズ&エキスパート

小学1年生女子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学1年生男子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学2年生女子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学2年生男子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学3年生女子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学3年生男子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学4年生女子の部

ルーキーズ&エキスパート

小学5年生女子の部

ルーキーズ
エキスパート【-33kg & +33kg】

小学6年生女子の部

ルーキーズ
エキスパート【-36kg & +36kg】

小学4年生男子の部

ルーキーズ
エキスパート【-30kg & +30kg】

小学5年生男子の部

ルーキーズ
エキスパート【-28kg &-36kg & +36kg】

小学6年生男子の部

ルーキーズ
エキスパート【-33kg &-41kg & +41kg】

中学生男子の部

ルーキーズ【-45kg &-60kg & +60kg】
エキスパート【-45kg &-60kg & +60kg】

中学生女子の部

ルーキーズ【-45kg &-57kg & +57kg】
エキスパート【-45kg &-57kg & +57kg】

女子の部(高校生以上)

ルーキーズ【-45kg &-57kg & +57kg】
エキスパート【-45kg &-57kg & +57kg】

シニア男子A(16才~30才)

ルーキーズ【-55kg &-72kg & +72kg】
エキスパート【-55kg &-72kg & +72kg】

シニア男子B(31才~41才)

ルーキーズ【-60kg &-76kg & +76kg】
エキスパート【-60kg &-76kg & +76kg】

シニア男子C(42才以上)

ルーキーズ【-65kg &-81kg & +81kg】
エキスパート【-65kg &-81kg & +81kg】

空手型クラス

個人型
団体型
構成審議中
小学生クラス
個人型
中学高校生クラス
個人型
無差別クラス
個人型&団体型
SCC大会組手ルール JPN武術空手道協会【組手の部】
SCC大会型ルール JPN武術空手道協会【型の部】
審議中
フォトメモリー SCC2019亥之章
SCC2018戌之章
SCC2017酉之章
申込み
問わせ
SCC大会事務局
電話092(985)8763
又は問合せ欄より簡単メールにて。
=注意事項=
一、出場選手は空手道場等の団体所属の方。
一、出場希望選手は団体責任者の許可が必要。
一、資料請求は団体事務局のみ受付。
大会募集期間
2019.9/1~2019.10/31
*大会会場の都合上、早期〆切にご注意ください。
*多数の挑戦出場選手をお待ちしております。
*大会出場希望の際はお気軽に電話かメールにてお問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る